時間短縮し安全性も高まり効果も高い視力回復のための手術

時間短縮し安全性も高まり効果も高い視力回復のための手術、レーシックをご存じですよね。。
従来のレーシックと、最近、話題になっているスーパーイントラレーシック、これらの手術法には基本的に大きな違いはありません。
ですが、手術の方法がより進化したと言って良いでしょう。
そして、スーパーイントラレーシックとなると、時間も短縮し、安全性も高まり、効果も高いということが上げられています。
では、スーパーイントラレーシックは、どのような手術法を行っているのか、ここでご紹介しましょう。

 

レーシックは角膜に蓋を作るように、膜を切っていきます。
例えるなら缶切りでぐるっと缶の周りを切って、最後は繋げたままにして蓋にする感じでしょうか。
この蓋はスラップと呼ばれています。

 

このスラップを作る方法がレーシックと、進化したスーパーイントラレーシックでは違うのです。
レーシックの場合、従来から使用している「マイクロケラトーム」言うものを使ってフラップを作ります。
このマイクロケラトームでも、もちろん、安全に手術することが出来ます。

 

また、一方、スーパーイントラレーシックの場合は、「イントラレース」と言うレーザーを使って作ります。
このイントラレースレーザーは最新の機器と言われています。
この最新のレーザーを使うことで、以前の手術と比べて、より正確で、均一した薄いフラップを作ることが出来るようになったそうです。
また、切開した断面も滑らかになり、手術後にフラップがシワになったり、ずれたりするトラブルが起こりにくくなります。