スーパーイントラレーシックの手術は機械的で正確

視力回復手術のスラップの作り方が、従来のレーシックは手動的ですが、スーパーイントラレーシックは機械的とも言えます。
最初の視力が悪ければ、その分、ずっと深く角膜を削ることが必要となります。
ですから、そうした場合は機械の方が正確に削れると言うわけですね。
手術時間も短くなり、感染症になる可能性も低くなったというメリットもあります。

 

また、従来の手術より、スーパーイントラレーシックの方が、名前からしてとても仰々しいので、大変な手術だと勘違いしてしまう人もいるでしょう。
ですが、レーシックと変わらず、入院することもありません。
日帰りでオッケーなのです。

 

そして、手術を受けようとする患者さんが心配になるのが「痛み」ではないでしょうか?
手術で角膜を切るって、痛いのだろうなあと思っている人も多いでしょう。
ですが、麻酔があるので大丈夫なのです。

 

スーパーイントラレーシックの場合も、麻酔を行います。
麻酔と言っても目に注射をするわけではありません。
点眼麻酔となっていますので安心ですよね。
ですから、手術中は麻酔が効いていますので、ほとんど痛みはありません。
フラップを作っているときに、ほんの少し、痛みを感じる人がいるようですが、個人差があります。

 

また、病院の中でもスーパーイントラレーシックだけしか行っていない専門医もあります。
通常のレーシックはやっていないのです。
そういうところを選んだほうが信用できるかもしれませんね。
ですが、事前に評判は調べて置いたほうが良いでしょう。
病院を選ぶのは自己責任ですからね。