レーシックと言う手術はとても安全と言われています

病気や怪我などをしてしまって、必要に手術した人もいることでしょう。
体にメスを入れるということは、必要がないのなら、しない方が良いことはみなさん、分かりきっていることでしょうね。

 

最近、話題になっている「レーシック」も、そう言えると思います。
手術する必要がないのに、レーシックを受けて視力を回復させることは、体にとって負担をかけることになります。
もちろん、眼鏡の要らない快適さを味わいたい人や、スポーツするのに眼鏡やコンタクトが邪魔だと言う人もいるでしょう。
また、職業上、眼鏡をかけずに裸眼の視力が高くないとならないと言う人もいるでしょう。
そんな人たちのために、視力を回復する手術が存在しているので、レーシックが必要だと言えば、そうなりますよね。
ですから、レーシックを受ける人を否定はしませんが、本当に差し迫って困っていないのなら、眼鏡で良いのではないかと思ってしまいます。

 

なぜ、そのように考えるかと言うと、手術は必ず成功するとは言えないからです。
どんな手術でも10人中10人がすべて、回復した、結果が良かった、というわけではないと思います。
その安全性を考えたら、安易に手術を受けることは出来ませんよね。

 

眼鏡を使うことは少々、不便でしょうが、レーシックの後遺症、副作用、失敗を考えたら、眼鏡のままで良いと思ってしまいます。
ですが、私の考え方が臆病と言われれば、それまででしょう。
その証拠にレーシックと言う手術は、とても安全だと言われています。