安さで選ばれたクリニックのレーシックの感染症事件

安さで選ばれたクリニックのレーシックの感染症事件では、消毒が行き届いていなかったと言うことになるでしょうね。
消毒機器が機能していなかったため、衛生管理に問題があったと見られています。
また、手術を担当する医師が手洗いをする際、その方法が適切ではなかったことも原因とされています。
感染症になってしまうのは、機器の消毒が十分でない場合ももちろんそうですし、また空気が汚れている場合も感染症を起こすケースがあります。
ましてや、医師の手洗いなど、基本中の基本ですからね。
それを怠ったり、間違っていたりすることがあり、それで手術をしているとなると、患者側としてはとても不安ですよね。

 

銀座のクリニックは、他のクリニックと比べて安くレーシックが受けられると有名になりつつありました。
大きく広告を出さなくても、ネットの口コミや、知人の紹介などで、その評判が広まっていました。

 

また、レーシックにかかる費用も、両目で10万を切るという、破格の手術費用で有名でした。
金額によって、人が惑わされるのも仕方ありませんよね。
この手術には保険が効かないのですから、より安いところを求める患者心理も当然あるでしょう。
ですが、特に目は体の中でも感染症になりやすい弱い部分なのですから、本来は安全性を一番に考えるべきなのです。
値段が高くても信頼できるクリニックを選ぶことは言うまでもありません。
もし、高額な場合であっても、分割払いを受けてくれるクリニックもありますから、お金の問題だけでクリニックを選ばず、一生を台無しにしないように気をつけましょう。