眼科で手術をした人が運悪く感染症に

やっぱり安いというだけで、眼科で手術をした人が、運悪く感染症になり、後悔することになってしまった今回の事件ですが、責任を問われるのは手術をした医師だけでしょうか?
私が思うには、他に従業員がいたはずですから、消毒が不十分であることは、医療従事者ならわかることだと思います。
また、実際に感染者が出たのですから、そこで改善すべきなのです。
院長はもちろん、それを怠ったことに対して、そのクリニックにおいて責任を問われますが、一緒に働いていた現場の人たちにも責任があると思います。
もし、眼科のスタッフが、そこのクリニックでレーシックを受けるとしたら、どうでしょうか?
きっと「私ならここでは受けたくない」と思うでしょう。
そんな手術をし続けていた責任は大きいと思います。

 

また、レーシックがこれほど身近になった近年、この事件の後、手術を受ける人の増加に歯止めをかけたでしょうね。
そして、レーシックにおいて「安いところは危ない」と言うような意識を私達に受け付けた事件でした。
ですが、安くてもちゃんとやっているクリニックもあります。
ですから、安いクリニックが全部、危ないと思ってしまうのも間違いです。

 

また、こうした事件を起こしてしまった眼科ですが、今も営業しています。
二度と繰り返さないように、きっと最新の注意を払っていることと思います。
安い価格でレーシックが出来ることは庶民の味方なのですから、それを裏切らないように、気持ちを一心してがんばって欲しいと思っています。