パソコンなどで低下してしまった視力を回復する方法

パソコンなどの仕事をしていると文字がかすんだりと目が疲れますよね。
特にパソコンをやったり、細かい文字を書いたり読んだりする作業は、目が疲れるばかりでなく肩も凝って来ますよね。
私もパソコンをしている時間が長いですから、気が付いた時は肩がガチガチで、しまいには頭痛もしてきます。
目が疲れてくると、目だけでなく体のあちらこちらに不調が出てしまうのです。
不調なところが出ながら仕事を続けると、余計にストレスを感じ、すべてが悪循環なのです。

 

本当は仕事の合間に遠くを見たり、目を休めたり、温めたり、冷やしたりと、本当はケアしてあげたいところです。
ですが、仕事が差し迫っていると、ついつい長時間に渡り目を酷使してしまいますよね。
時間が経つのを忘れて、根詰めてやってしまいます。
これでは、視力も落ちてしまうのも当然です。
酷使が続けば、視力はどんどん低下してしまいます。

 

最近では、この低下してしまった視力を簡単に取り戻そうと、レーシックを受ける人がいます。
しかも、私の身近にも、すでに手術済みですっかり目が良くなった人もいるのですから、手術自体が身近になりました。
手術代も随分下がったことは患者にとって嬉しいことでもありますよね。
そして、安全性や技術面でも、日々、進歩していて、信頼性の高い手術と言われています。

 

レーシックと言えば、話題になり、人気が出てきたころ、一部のクリニックで感染症の事件が起こったこともありました。
手術の信頼性が揺らいだ時期もあったことは事実ですが、それでも今も変わらずレーシックを望む人が多いです。