レーシックの詳しい手術内容は

レーシックは目の手術をして視力が回復すると言うことはご存知の方も多いでしょう。
では、目の手術とは具体的にどんなことをするのでしょうか?

 

レーシックの手術は、目の中にある角膜にレーザーを当て、手術を行います。
もちろん、眼球にレーザーを当てれば失明してしまいますが、眼球に当てることはありません。
それは手術の前にきちんと眼球を固定するからです。

 

では、レーシックの詳しい手術内容は下記の通りです。
角膜の表面にある薄い膜のようなものを、はがし、角膜の一部だけは、まだくっついている状態にします。
くっついている部分が残ることで、蓋を開けた状態になっています。

 

そしてレーザーで、先ほどの蓋のような部分の内側にある、角膜実質層に手を加えます。
どのように手を加えるかと言うと、この組織を削って、屈折力を変えるのです。
屈折力を変えたことにより、焦点が変わってきます。
例えば、それまでは眼の奥にある網膜の手前において、目の焦点が合っていた人は、網膜上で焦点が合うようセットされます。
それによって、はっきりと目が見えるようになるのです。
そして、蓋を閉じます。
蓋を元に戻すことで、手術後の回復力がかなり高まったと言われています。
どうでしょうか?
目の手術と言うものは具体的にどういうことをするのか、おわかりになりましたでしょうか?

 

このレーシックにかかる時間は20分程度と言う、ほんの短い時間です。
もちろん、回復力には個人によって差はあるものの、ほとんどの人が次の日には視力が回復しているのです。