目に良い食べ物

目に良いものと言ったら、みなさんは食べ物で何を思い浮かべますか?
まず、ブルーベリーではないでしょか?
それに続いてルテインや、アスタキサンチンと言う成分も目に良いです。

 

ブルーベリーの中でも大切な要素は、抗酸化物質と言う物質です。
これはブルーベリーに含まれている成分で言うと、ポリフェノールのなかまであるアントシアニンです。

 

では、アントシアニンはどのような働きがあるのでしょうか?
それは、目の中、網膜にある毛細血管を保護してくれるのです。

 

また、年齢が上がることに伴い減少するルテインと言う成分は、人がストレスを感じた場合も、減少してしまいます。
ルテインは、黄斑や網膜にも働き、黄斑色素濃度を高めてくれます。

 

目に良い成分としてアスタキサンチンも大事です。
ビタミンEのなんと1000倍近い抗酸化力を持った成分で、目のピントを合わるために使う毛様体の疲労、衰えを防いでくれるのです。
アスタキサンチンは、魚介類に含まれています。
例えば、イクラ、サケ、そして、エビやカニに含まれている成分で、活性酸素を抑制することから老化防止にも役立つと言われています。
ですから、女性はこれらを進んで摂取するようにすれば、美貌も保ち、レーシックも受ける必要がなくなるのではないでしょうか。

 

目にとって必要な栄養を、日ごろから気をつけて摂取していれば、レーシックを受けるほど視力は低下しないと言われています。
手術で体にメスを入れることや、大金を払うことを思えば、食べ物に気をつけてあげたり、目を労わってあげたり、常にケアしてあげるほうが安上がりで良いですよね。