レーシックはコンタクトよりも費用で得か比較

最近流行の視力回復の手術は、安くなっってきました。
昔は高くて手が出なかったレーシックですが、今ではぐっと身近になりました。
もちろん、費用は病院によって変わってきますが、安いところでしたら、両目の手術をして20万くらいで済むでしょう。
確かに安くなったと言っても20万は簡単に出せる金ではありませんよね。

 

サラリーマンの方なら、ボーナスが出た時期にレーシックを受ける人もいると思います。
このようにまとまったお金がないと受けられませんよね。
ですから、私達一般人の生活費や毎月のお小遣いでは簡単に出せる金額ではありません。
では、なぜ、何十万と言う多額の費用を出し、レーシックを受ける人が増えてきているのでしょうか?

 

それは、費用面でも考えられると思います。
視力の悪い人は眼鏡、もしくはコンタクトレンズを使っていますよね?
目が悪いためにかかってしまう費用もバカになりません。
コンタクトレンズは、購入時に数万かかる場合もあります。
それで済めば良いですが、コンタクトレンズの寿命もあり、2年から3年程度で交換する必要もあります。
ソフトでもハードでも、寿命と言われている年数があり、それを経過したら新たに新しいものを購入しなければなりません。
金銭的に辛くても目の健康のことを考えれば、仕方のないことです。
こうして、使い捨てレンズでなくても、コンタクトレンズにかかる費用は一生分で計算してみると、かなりの金額になりますよね。
他にケア用品も買い続けなければなりません。