品川近視クリニックなどはスーパーイントラレーシックで有名

普段どのような仕事をなさっているか、どのような生活を送っているかで、必要な視力は違ってきます。
私がコンタクトを作る場合は、パソコン作業をすることを前提に眼科で相談して作っています。
また、車を運転することがあるので、それが安全にこなせる程度に、コンタクトレンズで視力が上がれば良いのです。
また、家でリラックスするときようの眼鏡も、その目的に合わせて、あまり視力が上がり過ぎないようにしていると思います。

 

このように、眼鏡、コンタクトレンズを作るときと同じで、自分の生活に合った視力をレーシックによって取り戻すことが良いでしょう。
目があまり良くなり過ぎても、普段の生活に違和感を覚えてしまうでしょうね。

 

視力が良くなりすぎてしまうことを除けば、レーシックよりも安全で信用度の高い手術だと言われています。
また重度の近視で、今まで自分はレーシックを諦めるしかなかったと言う人も、このスーパーイントラレーシックなら受けられるのです。
東京でしたら、「品川近視クリニック」などはスーパーイントラレーシックで有名な病院です。
現在では、東京などの大都市にはスーパーイントラレーシックを受けられる病院もあるようですが、地方ですとまだまだ少ないようです。
ですから、この手術を受けたい場合は、わざわざ都心に出て来て受けなければなりませんよね。
そうなると手術後に何かあっても簡単に通院出来なくなりますから、その辺が問題にもなっているようです。